美容健康習慣&ビューティートレンドブログbyミチオ

最新の美容と健康のトレンド情報

綺麗な歯を保つために!ホワイトニングにおける3つの方法☆

f:id:michio0728:20220315173431j:plain

※画像、肖像モデルについては
著作権フリー画像サイトからイメージに近いものを使用しております。

こんにちは!

ビューティーブロガーのミチオです(^_-)-☆

テレビによく出てくるタレントや

芸人の中に歯の非常に白い人がいますが

「ホワイトニング」の施術を

受けている人が少なくありません。

ホワイトニングとは

歯の中にある色素を分解して

歯を白く見せる施術のことです。

ホワイトニングの方法には

歯科医院で行う

「オフィスホワイトニング」

自宅でもできる

「ホームホワイトニング」

それと専用サロンで行う

「セルフホワイトニング」

という3つがあります。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングでは

ホワイトニング剤を歯の表面に塗り

光を当てて歯の中にある色素を分解します。

ホワイトニング剤には強い濃度の酸化水素が

含まれていて照射する光にはレーザーや

ハロゲンライト、プラズマライトなどが

使用されています。

ホワイトニング剤には30%~35%の強い濃度の

過酸化水素水が使用されているため

歯肉につくと白くなったり

痛みが出たりすることがあります。

なお、過酸化水素自体には危険性はありません。

ホワイトニングをすると

きれいな白い歯になりますが

半永久的にもつわけではなく

約半年~1年で効果が薄れてしまいます。

ホームホワイトニング

自宅で行うホワイトニングでは

マウスピースの中にホワイトニング剤を入れ

それを口にはめて歯を白くします。

マウスピースは自分の歯型にフィットするように

歯科医院で作ってもらいます。

1日2時間ほどマウスピースを装着し

2週間から1ヶ月程度、継続します。

なお、薬剤には10%~20%に薄められた

過酸化尿素が使用されています。

f:id:michio0728:20220315173457j:plain

※画像、肖像モデルについては
著作権フリー画像サイトからイメージに近いものを使用しております。

セルフホワイトニング

専用サロンで行うホワイトニングも

全ての施術を利用者自身で行います。

サロンごとに施術内容の異なる面が

ありますが基本的な流れは変わりません。


1)スタッフによるカウンセリング

施術内容の説明を受けます。

同時に、疑問点や不安なことを相談します。

2)歯磨き

施術前に利用者自身で歯磨きをします。

歯の表面や歯間の汚れをしっかり落とすことで

ホワイニング効果が高まります。

3)ゆすぎ

歯磨きの後に水で口をゆすぎ

ティッシュなどで水分をしっかり取ります。

4)薬剤を歯の表面に塗布

薬剤を歯の表面に均一に塗ります。

その際、薬剤が歯茎に付着しないようにします。

5) LED ライトの照射

照射時間は使う機材やサロンによって異なります。

6)薬剤の拭き取り

薬剤が歯に残らないように、よく拭き取ります。

4)~6)の手順を繰り返し行います。

回数はサロンで指示されます。

 

なお、セルフホワイトニングでは

歯科医院で行う施術と

ほとんど同じことを行います。

ただ当然、サロンは医療資格が無いため

歯とはいえ利用者の体の部位を

施術する行為はできません。

そのため、歯科医院より効能の低い薬と

機材を設置し(危険性の無い成分や照射力)

施術自体は利用者に行ってもらうことになります。

 

歯も体の一部ですからしっかり気を遣って

健康的な見た目を維持しましょう。