美容健康習慣&ビューティートレンドブログbyミチオ

最新の美容と健康のトレンド情報

年間を通して紫外線対策で美肌をキープする秘訣

f:id:michio0728:20220325135746j:plain

※画像、肖像モデルについては
著作権フリー画像サイトからイメージに近いものを使用しております。

こんにちは!

ビューティーブロガーのミチオです(^_-)-☆

常日頃、美肌を目指しキープするためにも

日々対策をするべきなのが

紫外線に対してです。

人間が健康であるためにも

ある程度太陽の光を浴びることは

大切ですが、直射日光を無防備に

浴びすぎるのはよくありません。

太陽光がもたらす良い効果

それはビタミンDをつくるためです。

ですがそれは穏やかな

朝日のような光であり

5分程度でも構いません。

出来るだけ強い紫外線には

直接当たらない方がよく

UVケアをしないまま日々太陽光を

浴び続けると肌はダメージを

受けてしまいます。

紫外線の影響はその時だけではなく

10年先やもっと先にも影響を

及ぼすため油断はできません。

潤いとハリのある若々しい素肌を

維持するためも必要なのは

日ごろからの紫外線対策です。

大きく2つに分けた紫外線の種類

紫外線B波は波長が短いタイプ

長い波長をもつのは紫外線A波

と呼ばれています。

みずみずしい素肌を支える

組織のコラーゲンですが

真皮層まで鋭く到達してしまうのが

UVAと呼ばれる紫外線A波です。

肌の奥の部分にまで届いて

ハリと潤いの組織を壊してしまいます。

すると生じるのがシワやたるみ

またシミなども出てくるので

肌にとって良い事はありません。

通勤は電車だから大丈夫

イカー通勤だから平気ということはなく

窓ガラスもUVAは

何なく通過してしまいます。

 

同じように肌へのダメージが強いのが

UVBと呼ばれる紫外線B波です。

初夏を迎える5月から猛暑の8月に

ピークを迎えるのがUVBであり

肌乾燥が激しくなりますし

シミなども生じやすいです。

では初夏から夏だけ

紫外線対策をすればよいかというと

実はそうでもありません。

もう一つの紫外線となるUVAが曲者であり

1年を通してしっかりと降り注ぐためです。

年間量にはさほど違いがないため

夏の前や後は全く紫外線対策を

しないままだとUVAの悪影響を

受けてしまいます。

f:id:michio0728:20220325135825j:plain

※画像、肖像モデルについては
著作権フリー画像サイトからイメージに近いものを使用しております。

身近なもので紫外線対策

いつまでも美肌を保つために

重要になってくるのが

紫外線対策ということです。

目には見えないだけに分かりにくいですが

強烈なエネルギーを持つのが紫外線

むやみに浴び続けると

肌老化を促進させてしまいます。

そこですぐにでも始めたいのが

毎日の紫外線対策です。

年間を通して使いたいのが

日焼け止めクリームで

自分に合ったタイプを使うようにします。

ダイレクトな日光を遮る方法として

他のUV対策を併用するのも良い考えです。

外出時には帽子をかぶるとか

日傘をさしたりサングラスを使う

こともできるので意識するだけで

予防することはできると思うので

日頃の習慣を見直してみてください!